FX

初心者がFXにおけるスプレッドで注意することは3つだけ

初心者がFXにおけるスプレッドとは?

今回はFXのスプレッドについて解説をしたいと思います。
FXをするのにかかるコストがスプレッドになります。

 

FX会社によってそれは異なります。
そのためスプレッドの特徴や注意点について知る必要があります。

 

今回はスプレッドとは何か?を知ることで
大きく変動するタイミングや特徴を知ることが出来ます。

またスプレッドの計算方法もわかるようになります。

 

この記事を読み終える頃にはスプレッドが
何かわかり、特徴と注意点が分かります。

 

FXにおけるスプレッドとは?

買値(ASK)と売値(BID)の差額をスプレッドといいます。
スプレッドは、FXの1回の取引にかかるコストのことです。

そのためこの差が小さいほどFX取引による利益を出しやすくなります。

 

    1. スプレッドが狭い=コストが安い
    2. スプレッドが広い=コストが高い

上記の2つを覚えておきましょう。

 

 

上記の図のように売値と買値の差額がスプレッドになります。

その為、デイトレードやスキャルピングは頻繁に取引を行うのでスプレッドの差額が小さい方FX会社を選ぶことが運用成績を大きく左右します。

大事なポイントは以下2つです。

スプレッドの計算方法

先ほど上記でFXにおけるコストがスプレッドと言ったように取引をする時に常に頭に入れとく必要があります。

 

では、どのように計算するのかを具体例で見てみましょう。
スプレッド0.3銭で米ドル/円を1万通貨取引したときの例でみてみましょう。

上記のように取引回数が増えるとコストもかかるためスプレッドは大事になります。
一方で日本円以外の通貨ペアの取引はpipsになります。

例えば、スプレッドが1.5pipsでEUR/USDを1万通貨取引する場合の計算式は以下になります。

スプレッドが変動する時間帯や要因

FXにおけるスプレッドは様々な要因で広がることがあります。

変動しやすい時間帯や相場環境があります。

なぜそのようなことが起こるのかをみていきましょう。

FXにおけるスプレッドが広がる原因は以下3つです。

重要な経済指標の発表前後

注目度の高い経済指標で予想外の発表があると価格が大きく変動し、スプレッドも広がります。

 

経済指標の中でも特に注目度が高いのは雇用統計です。
発表前は取引量が減り、流動性が低下します。

 

なぜなら発表前は投資家も取引の手を止め、波乱を見据えているからです。

 

また経済指標発表後は急激な注文で価格が下落または上昇に変動します。

初心者の場合は危険ですので取引をしない方が賢いかも知れませんね。

急に起こる政治的サプライズ

北朝鮮によるミサイル発射やテロなどがあります。
他には各国の大統領など要人によるサプライズ発言で価格の急変動が起こります。

 

アメリカの大統領トランプ氏が当選と英国のEU離脱を問う国民投票で価格が大きく上下しました。

 

このように世界的に大きな政治イベントを受けて価格が大きく上下しますので世界情勢には要注意が必要だと言えます。

 

流動性の低い時間帯

まずFXの取引において流動性の多い時間帯はロンドン市場やニューヨーク市場の時間帯です。

この時間帯は1日の中でも取引参加者が多く流動性が高くなります。

 

一方で流動性が低下する時間帯は、オーストラリアやニュージランド市場が始まる時間帯は流動性が低くなります。

 

そのため、NY市場が閉まるとき(日本時間朝5時から8時)はスプレッドが広がる時間になります。

 

その他にもクリスマスや年末年始は、欧米の取引参加者が少なく流動性が低くなりがちです。

 

まとめると以下になります。

まとめ

・FXにおけるスプレッドは売値と買値の差額のこと

・重要な経済指標の発表前後、要人発言には注意が必要

・流動性の低い時間帯は(日本時間朝5時から8時)スプレッドが広がる

 

上記の3つを意識して取引を心がけましょう。

今回は以上になります。

  • この記事を書いた人

ゆう

FX、ブログ、脱毛について発信しています。プログラミングも勉強予定!!

-FX