FX

FXでの窓埋めで利益を獲得しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FXでの窓埋めの注意点を理解して利益を獲得しよう

 

FXの窓埋めて、よく聞くけどなんのことなの?

窓埋めでどのくらいの利益が獲得できるのなどそういった疑問について

解説していこうと思います。

 

窓埋めを理解することで毎週月曜日にちょっとした利益を獲得することができます。

なぜ窓は開くのか、窓埋めの注意点などをまとめています。

 

窓埋めを理解して毎週月曜日に利益を取りこぼさないようにしていきましょう。

損切りも忘れずに!

 

本記事の内容

  • 窓てなんなの?
  • 窓が開く理由
  • 獲得できるpips
上記3点を見ていきましょう。

 

この記事を読み終わると窓がなぜ開くのかわかります。

どのようなトレード手法で窓あけをしたらいいのかがわかるようになっています。

 

窓てなんなの?

FXにおいて窓とは、チャートのローソク足とローソク足の隙間のことを
言います。

市場が閉まる終値から市場が開く始まり値の隙間のことです。

一旦開いた窓が元の価格に近づく習性があります。

この元の価格に戻ることを窓埋めといいます。

 

では実際に見てみましょう。

 

 

上記の図のようにある隙間のことを窓といいます。

 

窓開けには上窓と下窓の2種類あります。

この2種類の窓については後半の窓埋めのトレード手法で説明してます。

 

窓が何のことか分かったかと思います。

 

窓が開く理由

ではなぜ窓は開くのかについて見ていきたいと思います。

窓が開く理由は2つあります。

それがこちらです。

  • 中東のバーレーン市場が開いている
  • 大口注文をするトレーダーがいる

中東のバーレーン市場が開いている

東京市場、ニューヨーク市場、ロンドン市場などの為替市場はほとんどが休みです。

 

イスラム圏では金曜日が休みのため

バーレーン市場は土日も為替市場が開いています。

 

結果週末でも少しながらチャートの方が動いています。

そこに土日に大きな政治的ニュースが出た場合には

チャートの方は大きく動くことになります。

これが原因の1つ目になります。

大口注文をするトレーダーがいる

土日に一般投資家はトレードできませんが一部の大口のトレーダーが土日に

取引をしてレートが動いてしまうためです。

結果月曜日の朝には、窓が開いた状態になってしまうというのが

原因の2つ目になります。

 

 

次に窓が埋まるのはなぜかを見ていきたいと思います。

まず相場の世界では窓開けをすると「埋めない窓はない」といわれています。

窓が埋まるのは絶対ではないが80%以上の確率で窓埋めが成功するといわれています。

 

相場に絶対はないので閉まらない窓もあることを覚えときましょう。

窓が埋まる理由は2つあります。

それが下記2つです。

  • 人の心理が関係している
  • ポジションを持ち越した利益確定または損切り

人の心理が関係している

窓埋めは、多くのトレーダーが知っていて実践しているトレードです。

そのため多くのトレーダーがエントリーすることによって窓が閉まる傾向にあります。

 

相場は人の心理で動くということを覚えておきましょう。

 

ポジションを持ち越した利益確定または損切り

金曜日にポジションを決済せず月曜日に持ち越して利益が多く出て

利益確定をしたパターンと損失がでて決済したパターンが考えられます。

 

金曜日には決済して持ち越さないようにするのも一つの手です。

 

窓埋めをするために月曜日に早起きして利益を獲得して

一週間のスタートを決めましょう。損切りも忘れずに!!

 

獲得できるpips

では、どの程度のpipsを獲得できるのか見ていきましょう。

こちらの記事が参考になりましたのでどうぞ

次にどういった手法で窓埋めに参戦するのかを見ていきましょう。

下窓の場合の手法

 

上記の図のように土曜日の早朝のレートより月曜日のレートが下がってることがわかるかと思います。

 

この場合は買いでポジションを持ち、土曜日の早朝のレートに達したら決済するようにしましょう。

 

買いでポジションを持ち反対方向に10銭ほど動いたら損切りするように

したほうが個人的にはいいと思っています。

窓が埋まらない場合もあるので損切りを必ず入れましょう。

 

上窓の場合の手法

上記の図は上窓が土曜日のレートより月曜日のレートが高いところに

あります。この場合は売りでポジションを持ち土曜日のレートに到達したら窓埋め完了となります。

こちらも損切りを忘れずに入れましょう。

月曜朝の窓埋めトレードにおすすめのFX会社

ヒロセ通商 夏時間AM6時からトレードが可能

 

・口座数 284,625口座
・取引単位 1,000通貨
・取引手数料 無料
・スプレッド 米ドル/円 0.2銭 ユーロ/円 0.4銭 (原則固定、例外あり)
・スワップポイント 米ドル/円 2円(1万通貨)メキシコペソ/円 46円(1万通貨)
・通貨ペアの取扱い数 50ペア
LION FX ヒロセ通商

JFX 夏時間AM6時からトレードが可能

・取引単位 1,000通貨
・取引手数料 無料
・スプレッド 米ドル/円 0.2銭 ユーロ/円 0.5銭

・約定スピード最速 0.001秒
・顧客満足度ランキング第1位 3年連続!!
・連打注文ok
・スキャルピングok
・スキャルピングに必要な注文がすべてできる!!
・複数ログイン可能(PC複数台&スマホ同時立ち上げ可能)
JFXMATRIX TRADER

まとめ

窓埋めについて今回は焦点を当てましたが、いかがでしたか。

  • 下窓には買いでエントリー
  • 上窓には売りでエントリー
  • 土曜日の早朝のレートまでいったら窓埋めを完了する
  • 損切りを忘れずにする

上記4点を活かして

月曜日の朝に早起きして窓埋めで利益を獲得して一週間をスタートさせましょう。

今回は以上になります。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*