FX

FX自動売買の仕組みとメリットデメリットを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自動売買とは

自動売買とは、あらかじめ決められたルールで取引を行い機械が勝手にトレードしてくれるので感情を持たずにFXが可能です。24時間取引チャンスを逃さないのも良いところです。

自動売買と裁量取引の違い

自動売買と裁量取引の違いは、機械か人間の違いになります。機械による取引が自動売買で人間による取引が裁量取引になります。
自動売買は、機械が行うので寝てる間も機械が勝手に取引をしてくれて取引チャンスを逃すことなく出来るのが最大のメリットではないでしょうか。その反面設定を誤ると損失を出してしまう可能性もある為一定期間その設定でいいかを見極めてその都度見直すことが必要になってきます。

裁量取引は、自身決めたやり方で取引をするため為替レートのチェックや資金管理、リスク、経済ニュースなどによる情報収集などFXによる知識が求められます。その為利益が出た時は嬉しいし、損失が出た時は気持ちが落ちるので裁量取引は感情の起伏が激しくなります。

自動売買の種類

FXの自動売買は、主にリピート系注文と、システムトレードのふたつがあります。

リピート系注文とは、一定のルールに基づいて注文を繰り返す注文方式のことです。

 

システムトレードとは、あらかじめ決められたトレードによって機械的・継続的に行う取引のこと。

 

自動売買のメリット3つと、デメリット3つ

メリットは3つあります。まず1つ目は、拘束時間が少なく済むと言うことです。

機械が24時間取引をしてくれるためその時間を使って好きな事であったり、他に時間を使うことができるのがいいところです。

2つ目は、感情を挟まずに取引できるので一定のルールで取引をできることです。

裁量取引と違って感情を挟まないため余計なストレスがなくメンタルコントロールができるところじゃないかなと思います。特に初心者はメンタルコントロールができず損切り出来ず大きな損失を出してしまいます。

3つ目は、有名トレーダーが開発した自動売買アルゴリズムを選んで使うことができることです。すでに実績のあるトレーダーが開発している自動売買を使えば初心者が簡単に取引することが可能になります。

デメリット3つ

まず1つ目は、手数料が高いと言うこと。ほとんどの自動売買ではスプレッド以外にも売買手数料もかかるため取引コストがかかってくるので取引回数が増えるとコストもかかってくるのがデメリットになってくる。

2つ目は、完全放置とはいかないことです。相場の変化によって設定を変える必要があるため時には自動売買を止める必要があります。リピート系注文はレンジ相場に強いのに対してトレンド相場には弱いです。相場の急変には不向きという点があります。

トレンド相場に対してレンジ相場の設定をしていては勝てなく損失を出してしまいますので相場環境や資金状況に応じてその都度確認する必要があるということ。

3つ目は、自動売買アルゴリズムにより成績が大きく変わるということ。

どのアルゴリズム選んでも稼げるということではなく、状況によって向き不向きが出てくることがある。中には詐欺のようなアルゴリズムがあるため注意する必要ある。

自動売買の仕組みについて

リピート型(初心者から中級者)

リピート型は、一定のルールに基づいて注文を繰り返す方法の一種。最初の設定を行えば、あとは自動で売買を繰り返してくれます。レンジ相場でも利益を狙えたり、自動で売買してくれるので仕事の合間でも勝手に動いてくれるのがメリットです。

ただし、予想とは異なる方向にトレンドが発生した時は要注意です。

繰り返し注文してくれるのは便利ですが、単純に注文数量が増えるのでリスクも増えて行きます。大きな額で取引するとロストカットされるということもありえます。

なので資金面には余裕を持って余剰資金で取引するようにしましょう。

選択型(初心者向け)

FX会社が用意したストラテジーを選ぶだけで取引することができます。

ストラテジーとは、相場の状況を踏まえて売り買いの指示を自動で出す売買プログラムのことです。有名の投資家やプログラマーが作ったストラテジーを選んで効率よく自動売買できます。最初に優秀なストラテジーを選べば自動的に売買を24時間してくれます。

なので普段会社勤めの忙しい方でも副業として取引するのに向いています。

設定型(中級者から上級者向け)

選択型はすでにあるストラテジーを選んで取引をするというやり方ですが、設定型ではストラテジーを自身で設定する必要があります。

カスタマイズの自由度が高い分、売買に関する知識、経験がないと使いこなすのは難しいので経験豊富な中級者から上級者向けと言えるでしょう。

MT4(プロ向け)

MT4(メタトレーダー4)は、世界中で利用されているFXのプラットフォームのことで、

基本的には自分でプログラミングする必要があるため上級者向けと言えるでしょう。

MT4は自動売買や詳細なテクニカル分析もできる高機能なプラットフォームです。

かなり高性能であるため、テクニカル分析を重視しているトレーダーからは人気を集めています。

ただし、初心者には高性能すぎるため使いこなすのが難しいかもしれません。

自動売買におすすめな会社

インヴァスト証券「トライオート」

こちらは、簡単に自動売買を始めたい方におすすめです。

自動売買セレクトというサービスで人気の高い設定や実績の良かった成績を確認もできるので初心者でも簡単に設定を選ぶことができます。収益率の高いものから自分好みの自動売買を選ぶことで初心者でも収益性の高いトレードを始めることができる。

カスタマイズ性も高いのが特徴でユーザーから設定を募集してそれらを共有するサービスも行なっています。

アイネット証券「ループイフダン」

買いまたは売りのどちらかを選んで利食い幅を決めるだけのシンプルなシステムをループイフダンといいます。

ループイフダンでは、上昇相場、下落相場の間にレンジ相場があっても設定を変更しなくても構わないです。そのため上昇するか下落するかを予想できれば稼働できるのが特徴です。

手数料がかかるものが多い中このループイフダンは無料なので取引回数が増えるごとにメリットがあります。

 

これからの資産運用ならFXブロードネット

幅広く注文を仕掛けてコツコツと利益を狙うシンプルなシステムです。

ただし、仕掛けた注文幅が相場の変動に合わせて動きます。

取引開始までに必要な設定は、

①取引する通貨ペア

②買いまたは売り

③注文を仕掛ける全体の幅

④運用額

この4項目を基本設定に入力すると注文間隔などが自動的に決まります。

マネースクエア「トラリピ」

上下動を繰り返しながら動く相場に対して相場の特性を利用して利益を上げていきます。

買い注文から決済注文という組み合わせを複数仕掛けてそのルールにあわせて売買を繰り返します。相場が動きそうな位置に注文を仕掛けておけば相場がそこを通るたびに自動的に売買してくれるのです。

自動売買の手数料は?

自動売買の手数料比較

・インヴァスト証券「トライオート」無料から片道20円

・アイネット証券「ループイフダン」無料

・ブロードネット「トラッキングトレード」新規20円 決済無料
これからの資産運用ならFXブロードネット

・マネースクエア「トラリピ」無料

 

 

 

自動売買と裁量トレードの手数料比較

自動売買の注意点

自動売買での勝率

FX会社 勝率 スマホアプリ 初心者向き 少額取引 無料デモ 売買手数料 評判
インヴァスト証券
「トライオート」

4千円から

片道20円

こちら
アイネット証券
「ループイフダン」

4.4千円から

片道0円

こちら
ブロードネット
「トラッキングトレード」
77%

4千円から

片道20円

こちら
マネースクエア
「トラリピ」

4千円から

片道0円

こちら

 

自動売買に依存するとスキルが身につかない

最初の設定さえしてしまえば自動でしてくれるため、自分で考えてトレードすることがあまりないためスキルが身につかないこともあります。

相場の変化で損失が増える

自動売買は相場の変化に弱いため損失が増える可能性があるので注意が必要です。

レンジ相場に力を発揮するので相場があまり動いてない時は利益が生まれやすくなると言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*